紹介予定派遣

面接とは?

印刷用PDFはこちら


紹介予定派遣の場合、派遣スタッフとして就業する前に派遣先企業との面接が行われます。一般労働者派遣での「業務確認の打合せ」とは違い、派遣就業後の直接雇用を前提としているため厳格な面接が予想されます。面接を通過するために、本質をしっかり抑えておきましょう。

面接の本質のポイントその1
派遣先企業が 「社員としてふさわしい人物か」 を 見極める場です。
面接の本質のポイントその2
派遣スタッフが 「社員として働けそうな会社か」 を見極める場です。

面接イメージ画像

※文章を確認したらチェックボックスにチェックをつけて進みましょう。

面接の本質 ポイントその1

紹介予定派遣は一般労働者派遣と違い、派遣先企業の直接雇用を前提としています。
そのため面接では、経験やスキルの確認はもちろん、社員としての適性や人間性まで厳しく見られます。具体的にはマナーや態度、身だしなみや言葉遣いなど外見の要素に加え、職務経歴や志望動機、転職理由など内面に対するさまざまな質問も投げかけられます。自己分析、企業リサーチを事前に行い、予測される質問に的確に答えられるよう入念に準備しておきましょう。
派遣先企業の求める人物像にいかに近づけるかがポイントです。


※文章を確認したらチェックボックスにチェックをつけて進みましょう。

面接の本質 ポイントその2

面接では、派遣先企業に自分自身をよく知ってもらうと同時に、本当にその企業の社員になりたいのかを自分でも見極める必要があります。
派遣就業期間があるとはいえ、面接は実際に企業の方と話ができる絶好のチャンスです。
面接の内容や、事前に調べた企業情報などから気になる点を質問し、希望の仕事と合っているかどうか、長く働けそうな環境か、といった不安な部分をできるだけ解消しましょう。
企業のイメージや、求める人物像などが分かり辛い場合は、あらかじめ当社担当者に確認しましょう。


印刷用PDFはこちら


注目 面接官はココをチェックしている!!

もう準備は出来てる!?履歴書・職務経歴書の記入例をチェック!

履歴書の記入例をチェック!
・履歴書
職種別職務経歴書の記入例をチェック!
・ヘルプデスク、ユーザーサポート
・Webクリエーター
・ITアシスタント
・ネットワークエンジニア
・システムエンジニア(SE)
・プログラマ(PG)
・テスト、評価
・システム運用管理、保守
・CADオペレータ

上の職務経歴書の記入例にはマクロが含まれいます。
お使いのWordのセキュリティによっては警告文が表示されますので、マクロを有効にしてご覧下さい。

フォーマットをダウンロード

・履歴書
・職務経歴書

トップに戻る