エンジニアガイドTOP > ネットワークエンジニア
ネットワークなしにはビジネスが成り立たない時代。ますます重要な仕事となっているのがネットワークエンジニアです。TCP/IPやLANの技術や情報セキュリティについての考え方、サーバ、ルータ等の機器経験も欠かせません。
ネットワークエンジニア

今ほどネットワークエンジニアに脚光があたっている時代はこれまでにありません。業務アプリもデータベースも商品販売も、LANやWAN、Webの上で動くことが基本といえるほどになってきました。3DCADデータをリアルタイムでやりとりしたり、ネット会議、遠隔地医療など、ネットワークにまつわる新技術は休みなく進歩し、領域も広がっています。個人情報保護法やウイルス、デジタルアタック問題などで、一般企業のセキュリティに対する関心も、かつてなく高まっています。

ネットワークエンジニアになるには、まずTCP/IPやLANなどの通信技術の基礎知識やサーバ、ルータなどの機器経験、およびそれらを相互運用できるスキルは必須といえます。さらに単体で働くシステム開発力に加え、サーバ構築や保守、ルーターの取り扱い、時にはオフィス配線によるパフォーマンスの最大化なども要請されます。絶えず進歩する新技術への柔軟な対応力も備えていて欲しい存在、そんなビジネスのインフラそのものを扱うスペシャリストが、ネットワークエンジニアなのです。

トップに戻る