エンジニアガイドTOP > ヘルプデスク
ヘルプデスクは頼りになる存在。システムやソフトについて、社員や顧客からの問合せに応え、電話やメール、時には訪問して問題を解決します。普通の使い方では起らないトラブルにも対処できる知識と、対人能力が求められます。
ヘルプデスク

ヘルプデスクというのは社内外の技術的な相談相手ですが、対象がぼやけやすいのが注意点。ただ何となくパソコンに詳しい人、という存在では伸びていくことができません。自分が苦労して自信をもってできる領域を増やしていくことによって、ユーザーの気持ちが分かる優秀なヘルプデスクになることができるのです。フリーのインストラクターなどを目指して派遣で経験を積む人も多い分野ですが、その間に次の技術を習得することがスキルアップのポイントに。初級システムアドミニストレーターといった国家資格や、CompTIAなどの国際基準の資格をとるなどして、幅を広げていきたいものです。

トップに戻る